FC2ブログ

ペルシャいろいろ日記

 10年暮らしたイラン。ギャッベ、たべもの、生活、いろいろ気まぐれに綴ってます。

お正月(エイド)

日本の春分の日はイランのお正月です。

haftsin1


みんな新しい洋服を来て親戚周りに出かけるのが恒例です。
親戚が多い家族だと大変です・・・。
イランに住む日本人の間では挨拶回りを 『引き回しの刑』 と冗談で言うほど(笑)

親戚周りはおじいちゃん、おばあちゃん、目上の親戚宅からスタートします。

「あけましておめでとう」と挨拶をして、ピスタチオなどのナッツ類、
お菓子、果物、チャイをいただいて、去年あった出来事や家族のこと、など
世間話をして30分~1時間ほどで帰ります。

いろんなお宅に行けて楽しいんですが、逆に言うと自分の家にもお客さんが
ドヤドヤやって来るわけで・・・これが結構疲れます。

この行事が嫌で、お正月は国内旅行や海外旅行に逃避行するお宅もあります。

haftsin2

ハフトスィーン(7つのS)と言われるお正月飾り。
「S」のアルファベットで始まる7つの縁起の良いものを飾ります。

センスの良いイラン人主婦の間ではこのお飾りで「趣味の良さ」を
密かに競い合ってたりします(笑)

haftsin3

haftsin4


スポンサーサイト



イランの誕生日会事情

長女がイランの幼稚園に通っていた当時の誕生日会の様子。

歌を歌ったり、手遊びしたり、は日本と同じ。

tabaro1


しかし、そのうちイラニアン・ポップスが流れ、子供達は踊り始め、
ディスコ?古いな・・・クラブ?状態になります(笑)


tabaro2

お金持ってて、派手にやりたい親は生演奏のバンドを呼んだりもします。
ウチの場合はオプションなし。「ラジカセ」で。


tabaro3


そして親が事前にケーキ屋さんに注文しておいたケーキを持ち込んで、
園長先生と記念写真。
子供達が食べるお菓子やジュース類も親が準備します。
(大皿に盛られたお菓子。この写真見ると何だかエサみたい・・・苦笑)

プレゼントは主役用と他の園児たち用を事前に親が準備しておきます。
結構疲れるのでした・・・。

該当の記事は見つかりませんでした。