FC2ブログ

ペルシャいろいろ日記

 10年暮らしたイラン。ギャッベ、たべもの、生活、いろいろ気まぐれに綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なら国際映画祭 その②

2年前の映画祭ではイラン映画『運動靴と赤い金魚』が上映されたので、
少しお手伝いをさせていただきましたが、今回の映画祭ではキューバから来日される監督を
急きょ関西空港までお出迎えするお手伝いをさせていただきました。

キューバ、イラン、北朝鮮は『悪の枢軸』呼ばわりされているので、ある意味仲間です(( ´▽`)

そういえば前回の映画祭でイスラエルの監督とメヘラリは抱き合ってました。
(イスラエルとイランは外交上、敵対関係にあります)


10647024_568755296562851_365619585063806_n_convert_20140920122633.jpg


カルロス監督は温和な人柄で、メヘラリ・ショップにも来てくださいました!



poolside.jpg

The Swimming Pool(プールサイド)
ベルリン国際映画祭2013〈インターナショナルプレミア〉
〈監督〉カルロス・キンテラ
キューバ、ヴェネズエラ / 2012 / DCP / 66分


もの静かな水泳インストラクター、片足を失った少女、ダウン症の少年、
足に障がいを抱える少年、話す事を拒む少年。
5人の社会ののけ者たちは、必然的にもがき、ぶつかり合い、仲違いし、
それぞれの不完全さゆえ、再び繋がる。  【なら国際映画祭HPより】



そしてカルロス監督はコンペティション部門で審査員特別賞を受賞されました。
おめでとうございます!!

eigasai5



eigasai4.jpg



奈良から世界に発信する国際映画祭、また2年後も楽しみです。


eigasai6.jpg

スポンサーサイト

なら国際映画祭 その①

2年に一度の『なら国際映画祭2014』が9月12日から15日まで開催されました。

eigasai_panf.jpg


コンペティション部門は、世界の新進気鋭の監督による作品が8作選出され、すべて日本初上映。

どれも観たい映画ばかりでしたが、時間の都合上Macondo(マコンド)を観ました。

ちなみにオーストリアの作品だと書かれていましたが、上映後の監督のQ&Aで監督自身は
イラン出身だと知り、ビックリ!
12歳までイランで育った女性監督で、とてもフレンドリーな方でした。


sudabe_morutezai.jpg


作品はウィーン郊外の難民コミュニティ(マコンド)に暮らす、
チェチェン共和国出身の11歳の少年・ラマザンが主人公。

彼は実際にマコンドで暮らしていて、俳優として起用されたようです。

少年の心の成長過程だけではなく、宗教、難民問題、人種問題、戦争や紛争、
結婚におけるその国や民族の慣習・・・など、とにかく
いろんな問題が複雑に絡み合っていて深い映画でした。

主人公が招かれて参加したパーティーのような会場で、みんなが踊るシーンがあるのですが、
曲調やダンスがイランやトルコ、アゼルバイジャンなどと似ていたことも
民族や文化が混じり合っている地域を象徴していて興味深かったです。


macond.jpg
ベルリン国際映画祭2014〈ワールドプレミア〉
〈監督〉スダベ・モルデザイ
オーストリア / 2014 / DCP / 98分

この作品は10月に東京で開催される
第9回UNHCR難民映画祭
http://unhcr.refugeefilm.org/2014/
でも上映されます。

2014年10月13日(月) 13:00 イタリア文化会館
2014年10月18日(土) 15:00 セルバンテス文化センター東京

イランの誕生日会事情

長女がイランの幼稚園に通っていた当時の誕生日会の様子。

歌を歌ったり、手遊びしたり、は日本と同じ。

tabaro1


しかし、そのうちイラニアン・ポップスが流れ、子供達は踊り始め、
ディスコ?古いな・・・クラブ?状態になります(笑)


tabaro2

お金持ってて、派手にやりたい親は生演奏のバンドを呼んだりもします。
ウチの場合はオプションなし。「ラジカセ」で。


tabaro3


そして親が事前にケーキ屋さんに注文しておいたケーキを持ち込んで、
園長先生と記念写真。
子供達が食べるお菓子やジュース類も親が準備します。
(大皿に盛られたお菓子。この写真見ると何だかエサみたい・・・苦笑)

プレゼントは主役用と他の園児たち用を事前に親が準備しておきます。
結構疲れるのでした・・・。

正倉院展

今年も奈良国立博物館で『正倉院展』が始まりました。

シルクロードに魅せられた人達の長蛇の列が毎年すごいです。

正倉院の宝物にはペルシャ由来のものもたくさんあります。
1300年昔にもペルシャと大和が繋がっていたんですね。

奈良出身の私がペルシャ人の主人と結婚したのも何か古からの
縁なのかも、と勝手に考えてしまいます(笑)

minicarpet

正倉院宝物文様のオリジナルのミニカーペットをイランで作ってみました。

ペルシアン・ナイト

神戸を拠点に活躍されているイラン人、
ダリア・アナビアンさんと写真家の小山泰雅さんのイベントに
先月行ってきました。

千夜一夜

ピアノの祖先と言われている打弦楽器、サントゥールの調べを聴いて、
イランの日常や遊牧民の姿を撮ったスライドショー、
そして最後にはアナビアンさん手作りのお料理をいただきました。

小山泰雅写真展 


イランを知る人には懐かしい音色と映像、
イランを知らない人には魅惑のペルシャを垣間見れる夜だった思います。

『千夜一夜物語』を引っぱり出して読んでみよっと。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。