FC2ブログ

ペルシャいろいろ日記

 10年暮らしたイラン。ギャッベ、たべもの、生活、いろいろ気まぐれに綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ、何~んだ?


この石像、何だか分かりますか?

 IMG_3437_convert_20141020130553.jpg

正解は墓石
写真はイランのシーラーズ地方のある田舎の墓地です。

ライオンの形ですが、そこにライオンが眠っているのではありません。



ペルシャでは、昔から ライオンは権力や強さの象徴 だったので、
集落での権力者はこんな墓石で葬られたそうです。

こんなこと言ったら、そこに眠る昔の権力者に怒られるかもしれないけれど、
どのライオンも滑稽な表情をしていて、愛嬌があります(^O^)



IMG_3451_convert_20141020132041.jpg


IMG_3424_convert_20141020140620.jpg


子供の頃によく読んだ 『11ぴきのねこ』シリーズにも似てる気がするのは
私だけかな。

1001.jpg



ちなみに権力の象徴であるライオンは革命前のイランの国旗や
ギャッベにもデザインされています。



parcham_IRAN-1.jpg

スポンサーサイト

夏休み

子供達の夏休みも後半に入りました。

日本の小・中学校の夏休みは普通1ヶ月半位でしょうか。
(地方によって差があるかもしれませんが)

その間、朝昼晩の食事を用意しなければならない上、兄弟ゲンカ頻発、
日記を書くためにも何処かへ連れて行かなきゃならないし・・・で
主婦にとって夏休みは忍耐です・・・。

bb650cc4f49cb1e1e3229ae041c22d48_m_convert_20140812174705.jpg


でもイランの母達はもっと大変。
だって夏休みは約3ヶ月!!
低学年ほど早く夏休みに突入するので、下手すると4ヶ月近くになります(汗)

なので、習い事をさせるケースが多いです。
スポーツ系ならバスケットボールやバレーボール、ローラーブレード、卓球、体操、空手などの教室、
文化系なら絵画教室、英語教室などに通わせます。


ca1ee6b478b5511a19707185c145f7c9_s.jpg


親の理想では午前中に習い事、昼食後は昼寝、夕方からは外遊び( ´▽`)

実際、涼しくなる夕方には家の前の道路や公園は子供達でいっぱいになります。
その頃、家で母はホッっと一息。
夏休みの母の気持ちは万国共通ですね。



梅雨入り

baran


関西も昨日、梅雨入りしました。

テヘランにいると雨が少ないので、たまに雨が降ると
子供達は長靴と傘で喜んで外に出て遊んでました。

ところが日本に家族で帰国して3年。
今では「あぁ、雨いやだ・・・」とつぶやいてます(苦笑)


baran2


イランもカスピ海沿岸地方は雨が多くて湿度も高く、緑がいっぱいです。
日本の長野県安曇野なんかの風景に似てます。

テヘランの人は雨に飢えているので、カスピ海沿岸の別荘地に出かけるのが大好きです。
日本人なら雨が恋しいだろうと、よく旅行に誘われました。
でも、あの高温多湿の中で長袖・長ズボン・ほっかむり・・・拷問に近いっ。

身体が乾燥地帯に適応してしまっていたので、たまに日本に帰国するとアセモが
できたりしてました(^_^;)

制服

イランではヘジャブといって、髪を隠すスカーフ類を被らなくてはいけません。

外国からの旅行者であっても、これは義務。

小学校やプレスクールの制服にもマグナエという被りものが
もれなくついてきます(苦笑)

madrese

イランに移住した2001年頃は制服の色も変な緑や紺色で、マグナエは白という
パターンが多かったけれど、年々、良くなってました。

女子の制服はピンクや紫、チェック模様を使っている学校が増えて、
マグナエのフチにフリルがついていたりします。

zahra

お年頃になるとこんな感じ。
写真は姪っ子です。
イラン人はべっぴんさんが多いです!

お正月(エイド)

日本の春分の日はイランのお正月です。

haftsin1


みんな新しい洋服を来て親戚周りに出かけるのが恒例です。
親戚が多い家族だと大変です・・・。
イランに住む日本人の間では挨拶回りを 『引き回しの刑』 と冗談で言うほど(笑)

親戚周りはおじいちゃん、おばあちゃん、目上の親戚宅からスタートします。

「あけましておめでとう」と挨拶をして、ピスタチオなどのナッツ類、
お菓子、果物、チャイをいただいて、去年あった出来事や家族のこと、など
世間話をして30分~1時間ほどで帰ります。

いろんなお宅に行けて楽しいんですが、逆に言うと自分の家にもお客さんが
ドヤドヤやって来るわけで・・・これが結構疲れます。

この行事が嫌で、お正月は国内旅行や海外旅行に逃避行するお宅もあります。

haftsin2

ハフトスィーン(7つのS)と言われるお正月飾り。
「S」のアルファベットで始まる7つの縁起の良いものを飾ります。

センスの良いイラン人主婦の間ではこのお飾りで「趣味の良さ」を
密かに競い合ってたりします(笑)

haftsin3

haftsin4


このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。